美白

【シミ消し記録】ハイドロキノン・トレチノイン自己流シミ消しで大失敗!からの成功

祝・大成功!!ハイドロキノン・トレチノインでお家でシミ消し!!

前回の記事 【シミ消し記録】私には効かなかったシミ消しクリーム Reviva Labs Brown Spotブラウンスポット

アイハーブ(iHerb)で購入したブラウンスポットを使ったシミ消しが失敗に終わったあと、

hug
hug
よし!こうなったら本格的なハイドロキノンとトレチノインを使ってみよう!

と思い立った私。どうしてもシミをなんとかしたかったのですね・・執念です。

 

今回は、大失敗のち成功したハイドロキノンとトレチノインを使用したシミ消しの記録を紹介します。
個人差はあるかと思うけど、私はこの方法でシミを消しました!

 

メリット・デメリットはそれぞれあるけど、私の中では、一番手軽でお金をかけずに確実にシミを消す方法だと思ってます

3,000円くらいでシミ取りできるならお得ですよね。失敗すると最悪だけど。笑
クリニックで数万円かけてレーザー当てなくて済むんだから、すごい節約。

ということで、お金のない私のシミ取り記録を紹介します。

スポンサーリンク


ハイドロキノン・トレチノインの役割

前回も少しだけ紹介しましたが、ハイドロキノンとトレチノインについてもう少し詳しく・・・。

ハイドロキノン 

ハイドロキノンにはシミの原因であるメラニンを生成する酵素チロジナーゼの働きを阻害する作用と、メラニン色素を生成するメラノサイトに直接働きかける効果があって別名「肌の漂白剤」と呼ばれるくらい強力なものです。これからできるシミ・すでにあるシミの両方に効果的というところが特徴。皮膚科では肝斑の治療にも使われています。

 

トレチノイン

トレチノインは強力なターンオーバー作用でメラニン色素の排出を促します。ヒアルロン酸やコラーゲンの生成も促すため、シミだけでなく、ニキビ治療に使われたり、小ジワの改善も期待できます。

この二つを同時に使うことで、ターンオーバーを早めシミを浮き上がらせ、漂白をし、シミを目立たなくさせるというのが最終的な目標です。

 

使用したトレチノインとハイドロキノンはネットで購入しましたが、心配な方は皮膚科で相談するのが一番!トレチノインはエーレットジェル(AretGel)0.1%0.1%のものを2本、ハイドロキノンはユークロマクリーム4%(ハイドロキノン)4%のものを2本購入。消したいシミは1箇所だったのでこれで十分間に合ったけど、複数ある場合はもっと必要かもしれないです。

濃度も色々あるので、自分にあったものを選んでください。多分わたしが使っていたものは一番オーソドックスなものだと思います。

 

トレチノイン


エーレットジェル(AretGel)0.1%

ハイドロキノン


ユークロマクリーム4%(ハイドロキノン)

スポンサーリンク


ハイドロキノン・トレチノインの使い方

私が参考にしたのは、東大式トレチノイン治療といって、クリニックでも取り入れられているメジャーなシミ取り方法

トレチとハイドロによるシミ取りでは一番オーソドックスなシミ取り方法かなと思います。

ターンオーバー期間とクールダウン期間のふたつにに分けておこなうのですが、まずは、ターンオーバー期間。この時はトレチノインとハイドロキノンを両方使用します。使用期間は1〜2週間くらい(個人差ありです)

そのあとのクールダウン期間はハイドロキノンのみを使います。期間は1〜2週間かその倍くらい(これも個人差あり)

ターンオーバー期間

化粧水は低刺激のものを使用し、そのあとに塗るビタミンCローションは高濃度のものをしようします。
トレチノインゲルエーレットジェル(AretGel)0.1% は、シミの部分のみ綿棒で薄く塗り乾かします。ポイントはなるべくシミのふちから出ないように塗ること!!

そのあとにユークロマクリーム4%(ハイドロキノン)を塗ります。紫外線はNGなので、日中は日焼け止めをしっかり塗ることも大切なポイントです!

クールダウン期間

化粧水は同じく低刺激のものにし、ビタミンCローションを塗ります。そのあとに、ユークロマクリーム4%(ハイドロキノン)のみを塗ります。日中は日焼け止めもしっかり!

スポンサーリンク


トレチとハイドロ 私の失敗点

まずは、私が失敗した話から。笑

本来、トレチノインはシミのできている部分にのみ使用して、ハイドロキノンは顔全体に、が基本なのですが、私は誤ってトレチノインゲルを広範囲に塗ってしまったのです。今考えると信じられない!!笑

 

透明のゲルなので、スーッと肌馴染みがよく、注意して塗らないとシミ以外の部分にも塗ってしまうんですよね。しかも色は無色。塗っている時には刺激もないので、「ま、いっか」と思ってしまったのが大間違いでした。

 

通常2~3日すると皮膚が赤くなりどんどん皮むけが始まるのですが、広範囲に塗ってしまった私はもう顔中真っ赤で、洗顔も苦痛、化粧水を塗ることもできないくらいヒリヒリ・・・地獄すぎる!シミ取りなんてやらなきゃよかった!と心から後悔しました。とてもメイクなどできる感じでもなかったので、仕事に行くのに毎日マスク><

お昼休憩の時だけマスクを外すと、明らかに異様な顔色。もう最悪でした。笑

 

とりあえず、ターンオーバー期間を本来より早々に終了し、ハイドロキノンのみのクールダウン期間に入りました。この間の肌はまるでビニールのように薄くテカテカしている不自然すぎるお肌で「治らなかったらどうしよう・・・」とパニック状態でした。本当に自業自得です・・・。どうかこれから挑戦するみなさんは私のような失敗をなさらないように><

その後、その失敗から2週間ほどすると、徐々にお肌も落ち着いてきて、洗顔も化粧水での保湿もできるように。
「あー。よかったー。助かったー。」と、ほっと一安心・・・。

肝心のシミはというと、若干薄くなった気もするけど、まだ色素が沈着して、シミとして残っている状態。

スポンサーリンク


反省を元に再挑戦

1度目で失敗してから、クールダウン後しっかり2ヶ月ほどお休みして肌が完全に回復してから、もう一度再挑戦!
今度は使用方法をしっかり守って挑戦してみました。

ポイントのトレチノインはシミの部分のみ!塗り広げないように、丁寧に!を守って。

すると、予定通りシミの部分が2〜3日で赤くなり、皮むけが始まりました。この間はやっぱりヒリヒリ感はあるけど、シミの部分だけなので大丈夫、予定通り、順調です。ターンオーバー期間が終了したら、その倍の期間ハイドロキノンのみでクールダウン。

そしてそして、ついに!!シミ消し成功\(^o^)/

完全に無色化したわけではないけれど、自分でも鏡に近づいて見てみないとわからないレベル

すごい!!感動!!!

こんなに薄くなればもう十分です!!

ついに成功!!

以上。わたしのシミ取り体験でした。

 

スポンサーリンク


アイハーブ(iHerb)で人気美白(シミ消し)アイテム

今回、ハイドロキノンとトレチノインで本格的なシミ取りに挑戦したけど、シミが薄めでハイドロキノンとトレチノインは必要ないかも〜という方は、使用感が穏やかなReviva LabsのブラウンスポットLife Flo Healthのレチノールクリームをまず試してみてからでもいいかも!

ハイドロとトレチのシミ取りはなかなかハードルが高めなので、普段のスキンケアの一部として使えるクリームなどから始めてみるのもオススメ

この二つのアイテムはアイハーブ(iHerb)のシミ消しアイテムとしてダントツの人気なので、シミがそんなに濃くない、もしくはちょっと薄くなる程度でも〜という方は試してみる価値ありかもしれません!

Reviva Labs, お肌のシミを薄めるナイトクリーム(Brown Spot Skin Lightening Night Cream), 1.5オンス(42 g)

Life Flo Health, レチノールA 1% アドバンスド・リバイタリゼーションクリーム 1.7 oz (50 ml)

アイハーブ最新クーポンコード
FRQ3320 誰でも全商品5%オフ
10LOYALTY 60ドル以上で10%オフ

※クーポンコードクリックで自動でクーポンが反映されます。