カンジタ・におい対策も デリケートゾーン専用せっけんフェミニンウォッシュ

アイハーブ(iHerb)の新割引クーポンコード FRQ3320 で2回目以降のリピーター様も5%割引です♡

デリケートゾーンのケアってどうしてます?

私は、数年前まで、ボディソープを使って洗っていたんですが、デリケートゾーンは専用のせっけんで洗った方が断然快適!

もっと早く使えばよかったなぁと思ったアイテムです。

必要な菌は残しながら、汚れをしっかり落とせるので、カンジタ膣炎や、気になるにおいにも◎ですよ★

女子の必須アイテムデリケートゾーン専用石鹸

 Emerita, フェミニンウォッシュ

Emerita, フェミニンウォッシュ、 4液量オンス (118 ml) ¥1,230

数年前から、使用するようになったフェミニンウォッシュ。(デリケートゾーン用せっけん)

わたしが、フェミニンウォッシュを使用するきっかけになったのは、

「日本は、とっても遅れてる。どうしてボディウォッシュはたくさんあるのにフェミニンウォッシュはこんなに数が少ないの、だいたい、カンジタの治療薬が堂々とドラッグストアで売られていることが変!ちゃんとケアしないからよ!」

という、知り合いのフランス人の友人の一言。

そう言われた時は、
必要・・かな??( ? _ ? )と、思ったけど、いろいろ調べてみると彼女の言っていることは間違っていませんでした!

スポンサーリンク


デリケートゾーンのphバランスを保ってカンジタなどのトラブル予防

それまで、デリケートゾーンも、ボディ用石鹸で綺麗にしっかり、洗っていたのですが、それって本当は良くないことで。
デリケートゾーンは、とても繊細でphバランスが崩れてしまうと、トラブルも起こりやすい箇所。

デリケートゾーンは、酸性に保たれていますが、経血や、尿などで、アルカリ性のものに触れる機会が多いのです。そこに、さらに石鹸などのアルカリ性の強いもので、洗ってしまうと、phバランスが崩れ、必要な菌まで、殺してしまうんだそう。

その結果カンジタ菌が増え、カンジタ膣炎などの、デリケートゾーントラブルになってしまうこともあったり・・・。

わたしも、過去にカンジタ膣炎にかかったことがあります。地味に辛いんですよね・・(その時は、別の病気で抗生物質を服用していたこともあるのですが)

婦人科を受診した際に、先生からは、
「デリケートゾーンは、洗いすぎちゃだよ!」
と、強く言われました。

でも、、、
そんなこと言われても、デリケートゾーンって、わたし的にはもっともしっかりと洗いたい部分でもあって、しっかり洗浄しないと、なんだか気持ち悪い・・・という感覚がどうしてもあったんですよね><

フェミニンウォッシュは気になるにおい対策にも

でも、デリケートゾーン専用のフェミニンウォッシュであれば、優しくデリケートゾーンを洗浄出来て、なおかつお湯では洗いきれない、たんぱく汚れや、皮脂なども、洗い流すことができるので、すっきり!

フェミニンウォッシュでしっかりケアするようになってからは、一度もカンジタ膣炎は再発していないので、こちらも一安心。

そして、フェミニンウォッシュでケアしていると、デリケートゾーンの気になるニオイも、軽減されるから快適!

最初は、ボディ用と使い分けするのが、面倒だなぁなんて思ったりもしていたけど、慣れれば、むしろフェミニウォッシュでないと、ダメになりました。
髪の毛だってシャンプーで洗うし、顔は洗顔料で洗うし、そう考えると、ボディはボディ石鹸。デリケートゾーンは、フェミニンウォッシュで、洗い分けするのだって手間じゃない!

スポンサーリンク


 Emerita, フェミニンウォッシュ

Emerita, フェミニンウォッシュ、 4液量オンス (118 ml) ¥1,230

Emeritaのフェミニンウォッシュには、皮膚や粘膜の保護するハーブカレンデュラエキスが入っているのがうれしい〜。

今ではもう手放せない必須アイテム!
日本でももっとたくさんの種類のフェミニンウォッシュがあればいいのになぁ。

♥hug
アイハーブ(iHerb)では他にも数種類のフィミニンウォッシュがあるのでぜひチェックしてみてくださいね♥
 iHerbで衛生用品をチェック

関連記事